美容室プレスト/コモド/ライズ/マリーチェは、40代、50代からの髪質を本気で考える美容室です。

menu

美容室プレスト/コモド/ライズ/マリーチェは、40代、50代からの髪質を本気で考える美容室です。

close

  • お客様の声
  • カラー会員
  • オゾンパーマ
  • 良草カラー
  • 技術スタッフ
  • スタッフの声
  • 詳しくは各店舗にお問い合わせください。
  • 店舗一覧
  • 埼玉県
  • 東京都
  • 福岡県
  • 岩手県
  • 沖縄

美容室プレスト/コモド/ライズ/マリーチェは、40代、50代からの髪質を本気で考える美容室です。

  • レボル直営サロン 11店舗
  • プレスト
  • コモド
  • ライズ
  • マリーチェ
  • 詳しくは各店舗にお問い合わせください。

Feature

特集

枝毛がきになる方へ、枝毛の原因サロンのすすめる対策

プレスト八女店

店長 椿原 富砂代

キレイに髪を伸ばしたいのに、気がつくと枝毛が…

そんな経験ありませんか?

今回枝毛とはどういうものか。

枝毛の原因と対策をご紹介します。

 

 

枝毛とは


髪の毛にはたくさんの水分が含まれていて、この水分を保護しているのがキューティクルです。

髪が傷んでくるとこのキューティクルが剥がれ、内部の水分が流出してしまいます。

そして髪の毛が裂け、枝毛になります。

ダメージを受けたキューティクルから5㎝位の水分は減少していますので、

枝毛部分をカットしても、切った上の部分が枝毛になってしまいます。

 

◆枝毛の原因

 

 

 

様々な原因がありますが、一般的によくあるものは

 

①髪をきちんと乾かさず、濡れたまま寝てしまう

髪を洗った後乾かさずに寝てしまうと、枕との摩擦などによりキューティクルが

剥がれてしまい、髪の毛が弱くなってしまいます。

頭皮の雑菌も繁殖しやすくなるので、きちんと乾かして寝ましょう。

 

②熱によるダメージ

髪を乾かすときドライヤーを使いますよね?

ドライヤーを髪に近い位置で長時間同じ場所に熱を与えると、髪の中の蒸発

させてしまうので枝毛の原因になります。

 

③シャンプー

意外かもしれませんが、洗浄力の強いシャンプーはキューティクルを剥がして

しまいます。髪に必要な水分、脂質まで洗い流してしまうので枝毛の原因に

なってしまいます。

 

④睡眠不足

髪の毛はタンパク質から作られています。睡眠不足になると、血流の流れが

悪くなり頭皮への栄養が届きにくくなります。栄養分が不足するとダメージを

受けやすくなり、枝毛の原因になります。

 

⑤紫外線によるダメージ

最近、紫外線が強くなっていますよね。

紫外線を浴びるとキューティクルを覆う脂質が失われ、キューティクル同士の結びつきが

低下し剥がれやすくなります。

 

 

 

サロンのすすめる対策


まず、毎日使うシャンプーにこだわりましょう!

栄養分の多いシャンプーはアミノ酸系シャンプーです。

洗浄力が強すぎず、皮脂や髪の汚れをきちんと落としながら、髪に必要な栄養分を与えてくれます♪

髪のダメージを防ぐために修復作用もあるシャンプーを使のがおすすめです。

 

そして、髪を洗った後はドライヤーを使って早めに乾かしましょう。

ここで注意して頂きたいのが使い方です!

髪から20センチくらい離し、根元を中心に乾かしていきます。

この時、ドライヤー前専用のトリートメントをつけることをおすすめします。

ドライヤーの熱から髪を守り、浸透することで髪の毛の内と外のケアをすることができます。

 

そして、バランスのとれた食事と睡眠をしっかりとることで、タンパク質など髪に必要な栄養分をおくることができます。

紫外線から髪を守るには、帽子や紫外線を防ぐ効果のあるトリートメントをつけると効果的です。

 

 

枝毛ができてしまったら


髪の毛には自己修復できませんので、一度枝毛になってしまったら治りません。

切ってしまうのが一番手っ取り早いですね。

枝毛の上の部分もダメージが進んでいますので、枝毛より5センチくらい上までカットしましょう。

ダメージを受けすぎる前にこまめにカットすることで綺麗な髪を保つことができます。

どうしても切りたくないという方は、サロン専用の集中ケアのトリートメントで栄養分を補給しましょう。

髪のダメージが目立ちにくくなり、手触りもよくなります。

枝毛のない美しい髪にするには、ダメージになることは避け、正しいヘアケアで枝毛の予防することが大切です!