美容室プレスト/コモド/ライズ/マリーチェは、40代、50代からの髪質を本気で考える美容室です。

menu

美容室プレスト/コモド/ライズ/マリーチェは、40代、50代からの髪質を本気で考える美容室です。

close

  • お客様の声
  • カラー会員
  • オゾンパーマ
  • 良草カラー
  • 技術スタッフ
  • スタッフの声
  • 詳しくは各店舗にお問い合わせください。
  • 店舗一覧
  • 埼玉県
  • 東京都
  • 福岡県
  • 岩手県
  • 沖縄

美容室プレスト/コモド/ライズ/マリーチェは、40代、50代からの髪質を本気で考える美容室です。

  • レボル直営サロン 11店舗
  • プレスト
  • コモド
  • ライズ
  • マリーチェ
  • 詳しくは各店舗にお問い合わせください。

Feature

特集

市販シャンプーと美容室のシャンプーの違いは何か?

                                                       プレスト筑後店
堤 友里

一番の違いは化学成分が入っているかどうかの違いです。

市販の商品全てというわけではありませんが、石油系界面活性剤や

紫外線吸収剤、着色料、香料、パラベン、シリコン、タール系色素や

酸化防止剤などが含まれるケースがあります。

これらが含まれていると、洗浄力が強すぎたり、成分の浸透を阻害して

しまうものなどが存在します。

 

 

<髪への影響の違い>

石油系界面活性剤はタンパク質を溶かしてしまう作用があります。

そして角質層のコーティングを削ってしまう働きもあり、肌が弱い方は

頭皮がヒリヒリしたり、赤くなったりします。

角質層を壊してしまうと、頭皮状態に刺激を受けやすくなるため、

髪の毛が傷んだり、かゆみやかぶれなどもうんでしまう可能性が高まります。

界面活性剤が全て悪いわけではありませんので、石油系以外の界面活性剤であれば

肌への刺激が少なく、弱酸性のものばかりですので、心配はないでしょう。

 

<シリコン>

シリコンも重要なポイントの1つです。

最近ではノンシリコンシャンプーと呼ばれているものも多く販売されて

いますが、まだまだシリコンシャンプーも多く流通しています。

シリコンは髪の毛に吸着する性質があります。髪を太くしたり、コシの

ある髪質にするのには良い効果も期待できますが、シリコン自体は

鉱物性のオイルなので汗などかいて髪から頭皮へと流れ落ちてしまう

可能性があります。

そうなると毛穴をふさいで抜け毛や肌荒れの原因につながりかねません。

 

<パラベン>

パラベンはシャンプーだけではなく、化粧品などにも使われています。

パラベンは防腐剤の効果があります。

パラベンには、人体に対する毒性が低く、微生物、特にカビや酵母に

対して効果的であるためによく使用されます。

シャンプーの成分の品質自体をキープするという意味合いがあり、

髪に良い影響は特にありません。

 

<洗浄成分の違いについて>

市販のシャンプーに使われる事が多い洗浄成分(界面活性剤)は、

高級アルコール系の洗浄成分です。

ラウレス硫酸、ラウリル硫酸など、洗濯や台所用の洗剤にも使われ

るほど、洗浄力が強く泡立ちは良いが必要な皮脂まで落としてしまう

こともあります。

美容室のシャンプー剤に使われている洗浄成分はアミノ酸系の

洗浄成分で低刺激です。グルタミン酸、グリシン、アラニンなど

頭皮や髪に優しい洗浄力で、泡立ちが良い。安全性が高く、肌のトラブルが

起こりにくい。不必要な汚れだけを落としてくれます。

またパーマやカラーの持ちを良くします。後は、~エキス、~油、セラミド、

などは良質な補修成分ですので参考にしてみて下さい。

 

市販のシャンプーのメリットデメリット


 

 

メリット

・安い

・どこでも手に入る

・気軽に試せる

 

ドラッグストアーなどにもあるので購入には困らないし、

1000円以内で購入できるので色々試す事が出来ます。

 

デメリット

・頭皮や髪を傷ませる可能性がある

・パーマやカラーの持ちは悪い

・自分に合うものを選べない

 

髪や肌に負担がかかる事、敏感肌の方など、特に注意が必要です。

サロン専売品のシャンプーのメリット、デメリット

 

メリット

・効果が高い

・プロが選んでくれる

・髪質がかわる

 

配合されている成分も良質なのものが多く、髪の補修効果があり

髪を優しく洗う事ができ効果が間違いなく高いです。

 

デメリット

・値段が高い

・サロンまで買いに行く必要がある

 

デメリットとしては価格ですが、髪に優しい成分を配合していて

コストがかかるため市販より価格が高いです。

サロンのシャンプーを使っていると、髪の毛の状態を見る事も

出来ますし、アドバイスもできますので大変かもしれませんが、

サロンまで買いに行かれることをお勧めします。

 

美容師が市販はダメという理由


 

 

サロンに御来店頂いていお客様に「何のシャンプーを使っていますか?」とよく聞きます。

皆さんも、美容師さんに聞かれた事があるんではないでしょうか?

なぜ、美容師はシャンプーの大事さを伝えてくるかと言うと一番の理由は、

自分のお店に御来店頂いているお客様には綺麗になって頂きたい

お手入れがやりやすくなっていただきたい

なりたいスタイルやパーマ・カラーに挑戦して頂きたい

と思っているからです!

市販が絶対にダメではありませんが、美容室のシャンプーを使って

頂いた方が髪を綺麗にしていくことが出来ますし、お客様が

パーマやカラーを希望された時も髪のコンディションが整って

いればさらにクオリティーの高い技術を提供できます。

もちろん、なんとか近づけるように努力はしますが、難しい時もあります。

私たちの美容室で1年間で1人のお客様に携われるのは12日~14日

ほどです。後の353日はご自宅でのケアになります。

美容室でトリートメントなど髪に栄養を入れる事をしても自宅に

帰って洗浄力の強いシャンプーで洗えば持ちも悪くなります。

 

ご自宅でのケアがどれほど大切か・・・・少しは分かって頂けたでしょうか?

シャンプーがそろそろなくなりそうな方、もしよかったらこれを機に

サロンのシャンプにも目を向けてみて下さい。