美容室プレスト/コモド/ライズ/マリーチェは、40代、50代からの髪質を本気で考える美容室です。

menu

美容室プレスト/コモド/ライズ/マリーチェは、40代、50代からの髪質を本気で考える美容室です。

close

  • お客様の声
  • カラー会員
  • オゾンパーマ
  • 良草カラー
  • 技術スタッフ
  • スタッフの声
  • 詳しくは各店舗にお問い合わせください。
  • 店舗一覧
  • 埼玉県
  • 東京都
  • 福岡県
  • 岩手県
  • 沖縄

美容室プレスト/コモド/ライズ/マリーチェは、40代、50代からの髪質を本気で考える美容室です。

  • レボル直営サロン 11店舗
  • プレスト
  • コモド
  • ライズ
  • マリーチェ
  • 詳しくは各店舗にお問い合わせください。

Feature

特集

カラーのダメージがきになる方へ、オゾンの効果とは?

川口市にある美容室コモド、アシスタントの徳田です。

カラーリングで髪が傷んでしまってお悩みの方へ、

弊社でも施術に取り入れているオゾンの効果をお話していきます。

 

ヘアカラーで髪の毛が傷む理由


今やファッションの一部としてすっかり定着してきたヘアカラー。

アッシュ系やピンク系など一昔前は綺麗に発色させるのが難しかった奥行きのあるおしゃれな色味も増えてきて、

ますます身近な存在になってきていると思います。

しかし、ヘアカラーは髪にとってとても刺激が強く、致命的なダメージを受ける可能性のあるハイリスクな施術です。

 

たとえば、毛先がパサつく、枝毛や切れ毛が増えてきた、湿気の影響を受けやすくなる、

毛先の色味がすぐに抜けてしまう、などなど。

 

これらのお悩みはカラーリングによるダメージが原因になっていることがほとんどです。

ヘアカラーやブリーチと呼ばれるものは、

ジアミンなどの化学成分で髪内部を刺激から守っているキューティクルを開き、

髪の毛の元の色を脱色したうえで、髪の内側にしっかりと色素を定着させる方法です。

一度染めると半永久的に染めた色が定着します。

 

日本人はダークブラウン~黒髪が多いため、ヘアカラーというとほとんどの場合はこの方法を指します。

 

カラーリングはキューティクルをジアミンなどのアルカリ性の薬剤の力を使って押し広げて、

髪内部にある元の黒い色素を脱色しつつ、染めたい色の色素を浸透させていきます。

髪の毛はケラチンという爪などと近い硬いたんぱく質で構成されているので、

一度こじ開けたキューティクルはどうしても開きがちになったり、

カラーリングの過程でキューティクル自体が欠けたりはげたりしていきます。

 

特に毛先部分は、生えてから3~5年程度の時間が経っているので、何度もカラーを繰り返されることで、

キューティクルがすべてはがれてしまっていることも珍しくありません。

 

キューティクルが傷むと、繊細な髪内部が表面に出てきてしまうので、よりダメージは加速していきます。

後処理やアフターカラートリートメントをきちんとすればダメージを減らすことはできますが、

全く傷まないというのはカラーリングの性質上、どうしても難しいのです。

 

 

 

オゾンで髪のダメージを補修


弊社では、カラーリングで髪の毛が傷んでしまうのを最小限に抑えるため、オゾンを使った施術を取り入れています。

オゾンというのは強力な酸化作用をもった気体です。

殺菌効果、消炎効果、脱臭効果、細胞賦活効果などの効果があり、

これらの効果によって髪だけではなく頭皮環境まで良くしてくれるすごいものなのです!

 

簡単に説明すると、カラーリングで傷み、キューティクルが開いた状態になってしまった髪を

オゾンの酸化効果でキューティクルを閉めていきます。

 

すると!

 

髪は見た目も手触りもサラサラ、ツヤツヤになるのです!

 

他にも、カラーリングやパーマなどでついた薬液の匂いを消したり、次に生えてくる髪を元気にしたり、

ふけやかゆみを抑える効果もあるので、髪の毛をサラサラにしながら

さらに頭皮にもとてもいい効果が期待できます。

 

弊社では、カラーリングとパーマをする際にこのオゾンを取り入れていますので、

ハイダメージでリスクを伴う施術も安心して行って頂けるようになっています。

 

カラーリングやパーマをすると傷んでしまうからあまりしたくないという方、

是非、弊社のオゾンを使った施術を受けてみてはいかがでしょうか?