美容室プレスト/コモド/ライズ/マリーチェは、40代、50代からの髪質を本気で考える美容室です。

menu

美容室プレスト/コモド/ライズ/マリーチェは、40代、50代からの髪質を本気で考える美容室です。

close

  • お客様の声
  • カラー会員
  • オゾンパーマ
  • 良草カラー
  • 技術スタッフ
  • スタッフの声
  • 詳しくは各店舗にお問い合わせください。
  • 店舗一覧
  • 埼玉県
  • 東京都
  • 福岡県
  • 岩手県
  • 沖縄

美容室プレスト/コモド/ライズ/マリーチェは、40代、50代からの髪質を本気で考える美容室です。

  • レボル直営サロン 11店舗
  • プレスト
  • コモド
  • ライズ
  • マリーチェ
  • 詳しくは各店舗にお問い合わせください。

Feature

特集

行ってみた美容室がいい美容室か見分ける方法

美容室プレスト川口店のスタイリスト 遠藤剛です。

前回は、美容室選びのポイント5つをお伝えしました!

 

今回は、実際に来店してからの見分け方をお伝えします!

 

 

お客様を接客するにあたって重要な事ができているか


 

お客様を接客するに当たって重要なこと、

それはカウンセリングの仕方です!

 

カウンセリングではヘアデザインの確認や施術料金の確認などはもちろん、

髪を傷ませない美容師かどうかを見分ける為のポイントもあるのです。

 

それは

 

⚪︎過去のヘアスタイルの履歴

⚪︎悩みの共有

⚪︎普段のお手入れ方法

⚪︎嘘をつかない、ごまかさない

 

これらを、カウンセリングの中で

お客様から聞き出せているかです。

 

 

 

●過去のヘアスタイルの履歴

これはお客様がどのような施術内容をしてきたか知るために必要な情報です。

 

例えば、今回カラーとパーマをかけたいと思い美容室に来店したとします。

近年のカラー剤やパーマ液は進化していて

同時に施術が出来るようにはなってきているので施術は可能です。

 

ですが、前回までに縮毛矯正やデジタルパーマなどをしていれば話は別です。

 

お客様は

「縮毛矯正をしてもパーマをすれば動きがつくはず!!」

「デジタルパーマやパーマをかけても縮毛矯正で飽きたらストレートにすれば良い!!」

と思ってる方が非常に多いのですが、

縮毛矯正やデジタルパーマの髪への負担はかなり大きく

仕上がりが満足いく結果になる可能性は低いのです。

 

仮に出来たとしても髪がパサついてしまった、全然かからなかった、

髪が広がりやすくなってしまったということも。

美容師はそれを想定してお客様にお伝えしなければいけないため

ヘアスタイル履歴は聞き出すべき情報なのです。

 

 

●悩みの共有

お客様は、常に悩みを抱いていると思います。くせ毛や直毛など人それぞれです。

美容師は見ただけで髪がどのようにな状態かある程理解出来たりしますが

お客様が何に一番悩んでいるか、今までのパーマやカラーなどでの髪に悩みはなかったのか

などを詳しく聞いてくれるかなども必要です。

その悩みを共有して解決に導いてくれる方の方が安心ですよね。

 

またその日の施術も大事ですが普段のお手入れも重要です。

 

・普段はブローをするのか?乾かすだけなのか?

・シャンプーはどんなのを使っているのか?

・洗い流さないトリーメントは使うのか?

・スタイリングはするのか?どんなスタイリング剤を使うのか?

 

などです。

 

美容室でのトリートメントでの栄養補給なども大事ですが

どんなに良いトリートメントも30日以内には抜けていってしまいます。

乾かさなかったり、洗浄力の強いシャンプーを使っていたりしたらもっと早く抜けてしまいます。

ホームケアは365日毎日やる事なので使う物にもこだわって欲しいです。

ドライヤー、シャンプーを変えるだけでも劇的に変わります。

それだけ変わるという事を美容師はお客様様に熱く伝えるべきです。

 

そういった事を気にして言ってくれるだけでも今後のお手入れを変えてみよかな?

と考え方が変わるかもしれません。

そのちょっとずつが今後の髪に対して影響がでてきます。

 

 

●嘘をつかない、ごまかさない

時には、傷む事は傷むとはっきり言う事も必要ですし、

やらない方がいいと言ってくれる美容師の方が安心です。

 

髪の性質や状態は人によって様々ですし1つ間違ってしまえば取り返しがつきません。

それを「大丈夫!大丈夫!」と安易に言う美容師の方が怖いし無責任です。

 

例えば洋服屋さんで服を選んでる時でもなんでも褒めて勧めてくるショップ店員さんなどは

「ほんとにこの人は私のことを思って勧めてくれてるのかな?」とか思ったりした事ありませんか?

褒める事は誰でも出来ますが、

”似合わない場合に違う物を提案”してくれる方が信頼度が上がると思います。

 

カウンセリングはただのヘアデザインの確認などではありません。

 

お客様がどうなりたいか、どうしていきたいかを

美容師も理解してゴールを目指す大切な事です。

 

技術面では、カラーやパーマなどは劇薬を扱う施術です。

時間をかけてやればいいというわけではありません。

髪の毛にずっとついていれば負担は確実にかかって傷んでしまいます。

タイマーなどをいれ、時間をしっかり意識して

口より手を早く動かすスタッフがいるところが良いです。

 

担当してくれてる美容師やそこで働いているスタッフを観察してみてください。

時間の意識や動きのテキパキさなどの違いがよく分かると思います。

 

もう一度言います。

 

カラー剤やパーマ液などのお薬は劇薬です。

1分1秒が髪の状態を左右し、

綺麗な仕上がりになるか

取り返しのつかないことになるか

の別れ道である事を知っておいて下さい。

 

 

 

まとめ


 

いかがでしたでしょうか?

髪を傷ませない美容室選びで大事な事は

 

①髪を大切にするコンセプトを持っている美容室を選ぶ

②カウンセリングをしっかりして提案してくれる美容師かどうかを確認する

③スタッフ全員が時間意識して施術を行っている

 

です。

 

これらをおさえて美容室に行ってみてください。

傷ませない美容室と傷ませる美容室の違いがよく分かると思います。

 

これを読んでいただいて少しでもお力になれれば幸いです。