美容室プレスト/コモド/ライズ/マリーチェは、40代、50代からの髪質を本気で考える美容室です。

menu

美容室プレスト/コモド/ライズ/マリーチェは、40代、50代からの髪質を本気で考える美容室です。

close

  • お客様の声
  • カラー会員
  • オゾンパーマ
  • 良草カラー
  • 技術スタッフ
  • スタッフの声
  • 詳しくは各店舗にお問い合わせください。
  • 店舗一覧
  • 埼玉県
  • 東京都
  • 福岡県
  • 岩手県
  • 沖縄

美容室プレスト/コモド/ライズ/マリーチェは、40代、50代からの髪質を本気で考える美容室です。

  • レボル直営サロン 11店舗
  • プレスト
  • コモド
  • ライズ
  • マリーチェ
  • 詳しくは各店舗にお問い合わせください。

Feature

特集

髪の乾燥は危険 ケアの仕方 髪の乾燥対策とは

 

プレスト筑後店

堤 友里

こんにちはプレスト筑後店 堤です。

今年は猛暑日が続き温度差があり身体にも厳しい状況でしたね。

季節の変わり目になると夏に蓄積したダメージと急激な気温変化で、

頭皮と髪にも様々なトラブルが起こりやすくなります。頭皮と髪の

為にもまずは原因と対策を考えていきましょう。

 

頭皮が乾燥する4つの原因

1 温度差

冷暖房のきいた部屋にいると屋外との温度差があり、乾燥してしまいます。

皮膚に優しい湿度は60%~65%です。

加湿器や観葉植物を置いて湿度を保たせ、エアコンの風は直接当たらない様にしましょう。

 

 

2 シャンプーのやり過ぎ・高温シャワー

1日3回以上のシャンプーや高温のシャワーは頭皮に必要な皮脂を流してしまいます。

シャンプーは指の腹で頭皮をマッサージしながら洗います。

高温のお湯でも皮脂が流れて過ぎてしまうので40度以下のぬるま湯で洗うようにしましょう。

 

3 紫外線

紫外線によって頭皮の潤いが減少し、乾燥してしまいます。

日傘、日焼け止めで紫外線対策をしましょう。

紫外線が当たらないように髪の毛の分け目は変えるようにしましょう。

 

4 ブラッシングのやり過ぎ

乾燥した頭皮にクシがあたると角質層がダメージを受けて、フケの原因になります。

クシは髪に付いたホコリや、ヘアースタイルを整えるものですので

クシの使い過ぎには注意しましょう。

潤いをアップさせる方法

1正しい洗い方

・爪を立てて洗うのでなく、4本の指腹(人差し指・中指・薬指・小指)で

頭皮を傷つけない様に優しく洗います。

・シャンプーの泡で毛穴を包みながら、頭皮をもみほぐします。

・高温で頭皮をすすぐと、必要な皮脂まで洗い流してしまうので

ぬるま湯ですすぐようにします。

・シャンプーが頭皮に残っていると地肌のトラブルの原因になるため、

シャンプーのヌルつきがなくなるまでしっかりと頭皮と髪を洗い流します。

2頭皮マッサージ

頭皮マッサージをする事で、毛穴の汚れを落としたり血行を良くしたり、

フケや痒み抜け毛も防ぐことが出来ます。

頭皮を健康に保つことができるのでツヤのある髪が生えてきます。

また、頭皮と顔は繋がっているため、頭皮マッサージすることで顔の

リフトアップの効果もあります。

頭皮マッサージを行うときは、

強くこする・力の入れすぎ・手は清潔にする・やり過ぎ・爪を立てないなどには

注意しましょう。

美容室に御来店の際には当店自慢のオゾントリートメントを是非体験してみて下さい!

髪に良い食べ物

髪の主成分はタンパク質です。例えば、多く含む食品として

肉・魚・卵・大豆・牛乳が挙げられますがそのタンパク質が

髪の原料で、髪を生成するのに必要なのがヨウ素ビタミンです。

わかめ・ひじき・昆布などの海藻類がそれらにあたります。

アミノ酸を含むタンパク質が多い食品は髪の基本成分である、ケラチンのもととなります。

 肉・魚・卵・大豆製品・牛乳・乳製品・かきなど

ヨウ素を多く含む食品は甲状腺の働きを助け、髪の発育を促進します。

わかめ・昆布・ひじきなどの海藻類

ビタミンA.C.E.Fを多く含む食品は血行を良くして抜け毛を防ぎます。

人参・かぼちゃ・小松菜・ほうれん草などの緑黄色野菜や、

玄米・発芽米・小麦発芽油・ごま・ナッツ類・紅花油やレモン

・オレンジ・キンカン・サクランボ・イチゴなどの柑橘類

ビタミンBを多く含む食品は頭皮の新陳代謝を促進する

玄米・小麦発芽油・豚肉・レバー・マグロなど

コラーゲンを多く含む食品は髪のツヤやハリを良くします

長いも・レンコン・納豆・鶏の手羽など。

髪と頭皮の為にもバランスの良い栄養を摂取できると良いですね!