美容室プレスト/コモド/ライズ/マリーチェは、40代、50代からの髪質を本気で考える美容室です。

menu

美容室プレスト/コモド/ライズ/マリーチェは、40代、50代からの髪質を本気で考える美容室です。

close

  • お客様の声
  • カラー会員
  • オゾンパーマ
  • 良草カラー
  • 技術スタッフ
  • スタッフの声
  • 詳しくは各店舗にお問い合わせください。
  • 店舗一覧
  • 埼玉県
  • 東京都
  • 福岡県
  • 岩手県
  • 沖縄

美容室プレスト/コモド/ライズ/マリーチェは、40代、50代からの髪質を本気で考える美容室です。

  • レボル直営サロン 11店舗
  • プレスト
  • コモド
  • ライズ
  • マリーチェ
  • 詳しくは各店舗にお問い合わせください。

Feature

特集

ヘナとヘアカラーの違い

プレスト八女店

椿原 富砂代

誰でも一度は髪を染めたことがあるのではないでしょうか?

 

市販でも多く出回っているヘアカラー

自然派志向の方に人気のヘナ

 

どっちが傷まないの?

きれいな色に仕上がるのは?

今回ヘナとヘアカラーの違い、メリット・デメリットをご紹介します。

 

 

ヘナとは

インドや中近東など熱帯地域に自生するミソハギ科の植物で、

葉には、ローソンという赤のようなオレンジのような色素が含まれています。

このローソンという色素にはタンパク質と結合する性質があるので、

髪のタンパク質と結合することで髪を染めることができます。

 

【メリット】

⦿肌や髪に負担をかけない

天然成分で化学薬品が使われていないので髪の毛のボリュームがなくなったり、毛が細くなったりの悩みはありません。

⦿コンディショニング効果がある

ヘナの成分は髪の毛にハリコシを与えるので、トリートメントをしなくてもツヤツヤした仕上がりになります。

⦿ダメージした髪を健康に

ヘナの色素が傷んだ部分に吸着し健康にしてくれます。

 

【デメリット】

⦿染めるのに時間がかかる

科学薬品が含まれていないため、染まるのに4~5時間かかる

⦿ヘナ特有のニオイ

干草や芝生のような独特のニオイが数日残る。

⦿天然染料なので色が選べない

ヘナは赤色色素しかないので、色のバリエーションがなく、

脱色効果がないため明るく染めることができない

 

【注意点】

ヘナは脱色剤を使わず髪の表面にくっついて、それを繰り返す事で色が濃くなっていきます。

髪に膜をはり、厚い層ができます。

そのため、ヘアカラーやパーマ、縮毛矯正など化学成分が浸透しずらく、

綺麗な仕上がりになりません。

 

ヘアカラー

アルカリカラーとも言います。染料と酸化剤を混ぜて使用します。

アルカリ剤がキューティクルを開き、酸化剤が髪の内部のメラニン色素を分解、脱色します。

髪の内部で化学変化を起こし発色します。

 

【メリット】

⦿1度の施術で綺麗に染まる

⦿カラーバリエーションが多い

色の種類が多く、明るさも選べる

⦿色持ちがいい

染めた所は半永久的にそのまま。時間がたって退色することはある。

 

【デメリット】

⦿ダメージが出る

髪の組織を破壊するので、乾燥や枝毛の原因になってしまいます。

⦿肌への刺激が強い

化学成分で肌荒れを起こすことがある

 

【注意点】

ヘアカラーをする際は必ずトリートメントをしましょう。

サロンでのトリートメントはしっかりダメージ補修できますのでオススメです。

シャンプーやドライヤー前のトリートメントなどホームケアも重要です。

ヘナとヘアカラーの違い、お分かりいただけましたか?

どちらにも、メリット・デメリットがあります。

染める理由や、どんな仕上がりがいいのか、何を重視するのか・・・

なるべく髪をいたわりながらヘアカラーを楽しんでいただきたいと思います。