美容室プレスト/コモド/ライズ/マリーチェは、40代、50代からの髪質を本気で考える美容室です。

menu

美容室プレスト/コモド/ライズ/マリーチェは、40代、50代からの髪質を本気で考える美容室です。

close

  • お客様の声
  • カラー会員
  • オゾンパーマ
  • 良草カラー
  • 技術スタッフ
  • スタッフの声
  • 詳しくは各店舗にお問い合わせください。
  • 店舗一覧
  • 埼玉県
  • 東京都
  • 福岡県
  • 岩手県
  • 沖縄

美容室プレスト/コモド/ライズ/マリーチェは、40代、50代からの髪質を本気で考える美容室です。

  • レボル直営サロン 11店舗
  • プレスト
  • コモド
  • ライズ
  • マリーチェ
  • 詳しくは各店舗にお問い合わせください。

Feature

特集

髪の乾燥はダメージの原因に!!ケアの仕方と髪の乾燥対策

プレスト八女店

椿原 富砂代

 

皆さんは、こんな事を思った事はないでしょうか?

1、髪の毛がパサパサする。

2、髪の毛がまとまらない

3、髪の毛が指通りが悪い

 

原因は髪の乾燥です。

髪の毛は大きく分けると3つの層からなり、一番外側をキューティクル、

中間部をコルテックス、中心部をメデュラといいます。

外側のキューティクルがめくれたり、剥がれることで、キューティクルの

層の間にすきまができてしまいます。

そこから内部の栄養や水分が失われ、髪が乾燥しやすくなります。

 

具体的な原因


①洗髪するときのシャンプーの泡立てが足りない

シャンプーをあまり泡立てずに髪を洗うと、髪の毛同士がこすれてしまうので、

キューティクルが剥がれてしまいます。

キューティクルが剥がれ、そこから栄養や水分が

抜けてしまい、乾燥を引き起こします。

 

②シャンプー後の髪をゴシゴシと拭く

濡れた髪の毛はキューティクルが剥がれやすい状態です。

その状態でゴシゴシ強く拭いてしまうと、髪の毛同士の摩擦でキューティクルが

剥がれてしまい、乾燥につながってしまいます。

 

③濡れた髪を自然乾燥させている

自然乾燥は髪にとっていいことではありません。

キューティクルが剥がれやすい状態でそのままにしておくと、内部の水分が蒸発して

しまうので髪の毛が乾燥してしまいます。

 

④髪への栄養が不足している

偏った食事で栄養不足になったり、血行が悪くなることで、髪への栄養が届かず

乾燥の原因になります。

 

改善方法


 

①シャンプーを十分に泡立てる

まず、シャンプー前にシャワーでしっかり髪を濡らします。

それだけである程度の汚れが落ちシャンプーの泡立ちが

良くなります。シャンプーを手に取り、手の平で泡立て髪につけます。

泡がクッションになり髪の毛同士の摩擦を防いでくれます。

 

②水分をしっかり取りましょう

拭くのではなく吸い取らせるイメージでタオルで髪を優しく挟み、

両側から軽く押さえて水分を取りましょう。

タオルドライをしっかりすることでドライヤーの時間短縮にもなります。

 

③必ずドライヤーで乾かす

頭皮と髪の根元からドライヤーをあてて最後に毛先を乾かしていきます。

髪とドライヤーの間を20センチ以上離し、一か所にずっと熱風があたらないようにしましょう。

洗い流さないトリートメントを一緒に使うことでさらに乾燥を防ぐことができます。

 

④バランスのよい食事と規則正しい生活

髪の成分であるタンパク質が摂れる肉や魚、卵やミネラル分

などを意識して摂取しましょう。

また、冷えやストレスは血行を悪くしてしまいますので温かいもの

を飲んだり、質のいい睡眠で体をリラックスさせましょう。

 

 

毎日の積み重ねが大事

ちょっとした事ですが、毎日のケアがきれいな髪をつくります。

お化粧やお洋服は素敵なのに、髪の毛がパサパサ、ボサボサだと

もったいないですよね。

髪の乾燥を防ぎ、みんなが羨むような美しい髪を手に入れましょう。