美容室プレスト/コモド/ライズ/マリーチェは、40代、50代からの髪質を本気で考える美容室です。

menu

美容室プレスト/コモド/ライズ/マリーチェは、40代、50代からの髪質を本気で考える美容室です。

close

  • お客様の声
  • カラー会員
  • オゾンパーマ
  • 良草カラー
  • 技術スタッフ
  • スタッフの声
  • 詳しくは各店舗にお問い合わせください。
  • 店舗一覧
  • 埼玉県
  • 東京都
  • 福岡県
  • 岩手県
  • 沖縄

美容室プレスト/コモド/ライズ/マリーチェは、40代、50代からの髪質を本気で考える美容室です。

  • レボル直営サロン 11店舗
  • プレスト
  • コモド
  • ライズ
  • マリーチェ
  • 詳しくは各店舗にお問い合わせください。

Feature

特集

秋こそ頭皮ケアが大切です! それは何故か!!

プレスト八田店

松野

秋になり急に抜け毛の量が増えてビックリすることはありませんか。

年齢問わずに感じる方は多いと思います。

 

 

個人差はありますが髪の毛は平均すると

1日に100本程度は自然と抜け落ちていくものなのですが

秋から冬にかけ夏場に受けた頭皮へのダメージにより

抜け毛の量が通常の2倍から3倍増えてしまう人もいます。

 

■夏場に受けた頭皮へのダメージとは、なぜ抜け毛が増えるのか。

抜け毛の原因は毛包の炎症です。

 

①毛包とは(髪の毛の発達・成長を調整しているところ)

夏は皮脂腺の働きが活発になり皮脂分泌が増え、

特に頭皮には皮脂腺が顔のTゾーンの

約2倍あるといわれてます。

皮脂分泌が過剰になると、頭皮にすんでいる

皮脂常在菌が皮脂をエサにして異常繁殖しやすくなります。

皮脂常在菌はバクテリアから皮膚を守っていますが、

増えすぎるとリパーゼ(皮脂分解酵素)を分泌し、

皮脂を炎症物質にかえて毛穴に炎症を起こします。

リパーゼは炎症物質を分解して、

【加齢臭】の原因である臭いを発生させ、

さらに毛包を炎症させます。

それにより毛根の細胞が破壊され、

髪の毛が細くなり抜け毛の原因となるのです。

 

また、汗や皮脂を放置することも、抜け毛の原因となります。

頭皮は髪の毛があるために顔や首などのように簡単に

汗を拭きとることができず、そのまま放置しがちです。

汗をかいてそのまま放置したりすると、約1~2時間で

雑菌が増殖してニオイが発生します。

皮脂は時間の経過とともに酸化してシャンプーでは

落ちにくくなり、毎日のシャンプーで洗い残した皮脂の汚れは

夏の強い紫外線などで過酸化脂質に変化し、

これが増えると毛髪の生え変わる周期が乱れ、

髪の成長期が短くなり退行期に移行することで、

髪が十分に成長できず、抜け毛に繋がることが分かっています。

 

 

簡単♪  自分でできる頭皮ケア

 

★.ブラッシング

シャンプーの前にブラシで髪の毛の流れと反対方向にブラッシングします。

(毛穴の汚れが落ちやすくなりブラシで刺激することで血行促進されるのでおすすめです。)

★. プレスケア

シャンプーをする前に頭皮に直接オイルを塗りマッサージします。

そうすることで酸化してしまった皮脂を浮かせて汚れが落ちやすくなります。

(ここで使うオイルは皮脂に近い(完全オーガニックの手絞り100%)のアルガンオイルをおすすめします。

保湿や抗酸化作用にもすぐれアルガンオイルはボディにも使用できるのでかなりお勧めです。)

★. シャンプー

まずは低刺激で優しく洗い上げるアミノ酸系シャンプーで爪を立てずに指のひらで

しっかりと泡を立てて洗います。

(とくにREVISHのVITAシャンプー剤は頭皮の肌荒れを抑えて

内部へ浸透することで健やか頭皮へと導きます。

2度洗いでの2度目の時には泡を乗せて泡パックもおすすめです。)

★食事

バランスの良い食生活が大切。

【スペシャルケア】

育毛剤を使用 ・・・育毛剤は発毛促進や薄毛対策だけでなく、頭皮の保湿、栄養補給、血行促進も効果を期待できます。

美容室でのヘッドスパ・・・頭皮にこびり付いた汚れを取り除き地肌に栄養を与えながら地肌のコリを揉みほぐす。

頭皮にも良いがリフトアップや免疫力アップにもつながる。

 

まずは秋に抜け毛が増えるのは夏に受けた

強い紫外線と汗や皮脂、クーラーによる頭皮の乾燥が上げられ

冬は気温が低下することで頭皮の血行不良などが原因です。

頭皮の環境が悪いと もちろん髪の毛にも影響をおよぼしてきます。

頭皮が堅いと健康な髪の毛を育てることもできません。ヘアケアの基本!!

それは頭皮がやわらかくて潤いがある状態にしていくことです。

 

健康な髪の毛を育てるためには いかに頭皮環境が大切か、わかりましたか!

それではこのダメージが出やすい秋から、

しっかりと頭皮のケアをして健康で美しい髪の毛をキープしていきましょう。