美容室プレスト/コモド/ライズ/マリーチェは、40代、50代からの髪質を本気で考える美容室です。

menu

美容室プレスト/コモド/ライズ/マリーチェは、40代、50代からの髪質を本気で考える美容室です。

close

  • お客様の声
  • カラー会員
  • オゾンパーマ
  • 良草カラー
  • 技術スタッフ
  • スタッフの声
  • 詳しくは各店舗にお問い合わせください。
  • 店舗一覧
  • 埼玉県
  • 東京都
  • 福岡県
  • 岩手県
  • 沖縄

美容室プレスト/コモド/ライズ/マリーチェは、40代、50代からの髪質を本気で考える美容室です。

  • レボル直営サロン 11店舗
  • プレスト
  • コモド
  • ライズ
  • マリーチェ
  • 詳しくは各店舗にお問い合わせください。

Feature

特集

お顔のたるみ予防と対策 お肌のケア方法

プレスト西新店

 西村 真由美

皆さん、お顔のたるみ気になりませんか?人の第一印象はお顔で決まっていきます。

目元、口元、頬、ほうれい線、、、こういったたるみがあるだけで周りからは実年齢

より5~10歳、老けて見られてしまうそうです。今日はそんな悩みをわかりやすく解決していきます。

 

〇たるみの原因


 

①表情筋の衰え・・・顔にはおよそ30種類の筋肉があり、日常では表情が豊かな人

でも役30パーセントか使われていません。

 

②コラーゲンなどの減少・・・年齢とともにコラーゲンやエラスチンなどの、肌に

必要な弾力成分が減少していき、シワが増えていきます。

 

③紫外線からのダメージ・・・紫外線は一年中出ていますが、夏場は特に紫外線が強いんです。

 

 

〇たるみの対策として


・表情筋を鍛えましょう!

口元のたるみが気になる方は大きく口をあけたり、口を

尖らせたりして鍛えていきましょう。

目元周りは目を見開いて、ギュッとつむるというトレー

ニングが効果的です。普段の生活の中でも簡単に出来ます

ので仕事や家事の合間にやってみましょう。

 

・栄養を取り込みましょう!

コラーゲンが減少していくと肌のハリや弾力がなくなり、

シワが出来てそこからたるんでいきます。それを補うために

タンパク質やビタミンCのものを摂取しましょう。

 

・紫外線から守りましょう!

紫外線は夏だけ出てるわけではないんです。

雨の日も寒い冬の日も出ています。毎日日焼け止めを塗っていただ

くのが理想です。紫外線は肌だけでなく、髪の毛にもダメージを

与えてしまうのでしっかりケアしていきましょう。

 

 

〇エイジングケア


 

 

自宅でのエイジングケアもとても大事になってきます。

日焼け止めはお肌に直接つけるより化粧水、乳液など下地を先に塗り、

お肌の調子を整えてから使いましょう。その為の化粧品を紹介していきます。

 

・クレンジング・・・クレンジングはジェルタイプのものなので塗れた手でも

使うことができ、肌への負担もかからず、保湿力に長けている

ので化粧はしっかり落としつつも潤いのある肌に仕上げてくれます。

 

・スキンローション・・・このローションは実は4つの役割を果たしてくれます。

洗顔、化粧水、乳液、下地の役割です。

洗顔としての使い方としてはクレンジング後、濡れた顔に

            ローションをつけて円を描きながら優しく指で馴染ませます。

            洗い流さず、温かいタオルでふき取って下さい。この工程を2~3回

            繰り返していくと毛穴の汚れや古い角質をしっかり除去してくれる

            ので目に見えて肌が白くなります。

            その上に化粧水、乳液、下地として再びローションをつけて下さい。

 

・モイスチャーマスク・・・ローションを付けた後に使用します。今までつけた美容液を

             中にしっかり閉じ込めて顔を引き上げる効果があります。

             さらに枕の摩擦やほこりから肌を守ってくれるので洗い流さず、

             つけたまま寝ても大丈夫です。朝に洗い流していただくとメイクのノリが良くなります。

 

この3つは「ペルミラス」といった化粧品で全て海洋深層水と天然成分で出来ています。

敏感肌、乾燥肌、アトピーの方にも使えて赤ちゃんからお年寄りの方まで安心安全で使用できます。

お手入れは簡単なのに効果は抜群です。

 

 

このようにわざわざエステに通わなくても今の生活習慣を見直せばたるみはなくなります。

今からでも遅くありません。

将来、実年齢より若くキレイな女性に見られるよう今のうちに解決していきましょう。