美容室プレスト/コモド/ライズ/マリーチェは、40代、50代からの髪質を本気で考える美容室です。

menu

美容室プレスト/コモド/ライズ/マリーチェは、40代、50代からの髪質を本気で考える美容室です。

close

  • お客様の声
  • カラー会員
  • オゾンパーマ
  • 良草カラー
  • 技術スタッフ
  • スタッフの声
  • 詳しくは各店舗にお問い合わせください。
  • 店舗一覧
  • 埼玉県
  • 東京都
  • 福岡県
  • 岩手県
  • 沖縄

美容室プレスト/コモド/ライズ/マリーチェは、40代、50代からの髪質を本気で考える美容室です。

  • レボル直営サロン 11店舗
  • プレスト
  • コモド
  • ライズ
  • マリーチェ
  • 詳しくは各店舗にお問い合わせください。

Feature

特集

髪が薄くなったと思ったらシャンプーを変えるべき 美容師目線のシャンプーの選び方

プレスト八田店

柴田 のぞみ

女性なら健康な髪をいつまでもキープしたい!と思います。しかし、近年では男性と同じように日々のストレスや食生活の乱れによって、薄毛に悩む情勢が増えているようです。

「最近抜け毛が増えたような・・・。」 「分け目が目立つようになったかも・・・」といったような悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか・・

女性は部分的に髪が薄くなる症状とは違って髪全体的に減っていくことが多く、このような髪の抜ける症状を

びまん性脱毛症」といいます。

・髪が細くなる

・頭皮がかゆい

・頭皮が硬い

・フケが気になりはじめる

・頭皮のベタつき       など・・・薄毛や兆候に早く気づくためには、自分で頭皮や髪に触れ、状態をしておくことが大切です。

そして、なにより自分に合ったシャンプーを使っているか?が重要です

「シャンプーは市販のもので問題はないな?」「あまり成分にこだわらなくても、話題のものを選ぶと安心?」「安いシャンプーは使わない方が良い?」

世の中には様々なシャンプーがあふれていて悩んでしまいますが、美容師は市販のシャンプーをおすすめすることは少ないです。

美容師がお勧めするシャンプーは髪や頭皮に優しく、5年後、10年後も健康で綺麗な状態で過ごすことが出来るシャンプーをおすすめしています。

ポイントは・・・

①アミノ酸系シャンプーを選ぶ

②カラー、パーマの持ちが良くなるダメージケアが配合されている

③香料が強すぎないものを選ぶ

①アミノ酸系シャンプーとは

パーマやヘアカラーなどの髪のダメージに浸透して、補修しながら保湿する働きがあり、「髪と頭皮を傷ませない。」

敏感肌や乾燥肌の方にも優しく、外部からの刺激を守ってくれて健康な頭皮を保つことが出来ます。

《アミノ酸系の成分》

ココイルグルタミン酸Na、ココイルグルタミン酸TEAなど(グルタミン酸系)

ラウロイルメチルアラニンNa、ココイルアラニンTEA、ココイルメチルアラニンNaなど(アラニン系)

ココイルメチルタウリンNa、ラウロイルメチルタウリンNaなど(タウリン系)

「ココイル~」 「ラウロイル~」などという表記を探してみてください。これらの成分は肌にも髪にも優しい低刺激なのが特徴です。

②ダメージケア配合

カラーやパーマの持ちが良くなり毛髪のダメージ補修を促す働きがある成分。「加水分解ケラチン(もしくは加水分解レシチン)」という成分が含まれているかどうかチェックする。

ケラチンは毛髪を構成するタンパク質、レシチンは細胞膜の構成成分のこと。

③香料が強すぎないもの

シャンプーに含まれている香料には、化学合成によって生成された「合成香料」と天然由来成分を原料とした「天然香料」があります。

中でも合成香料は科学物質の一種なので、香りが強く皮膚から吸収されていきます。

吸収されると肌にアレルギー反応が出やすく、かぶれやかゆみによる炎症を起こしてしまう可能性があり、頭皮の状態も悪化させる可能性があるので注意は必要です。

《合成香料の代表的なもの》

イソオイゲノール、オイゲノール、安息香酸、桂皮アルコール、桂皮アルデヒドなど

天然香料の持つ香りは、自然の中で感じる心地よさを思わせるもの。ほのかに香るくらいがかえって上品で、使い人の心の余裕を感じさせます。

いろいろと難しい名前の成分が多くあり、シャンプーと言っても様々な商品が数多くありますね。

どのシャンプーが自分に合っているか内容成分を詳しく調べるもの大事ですが、まずは美容師に相談してみてください。