美容室プレスト/コモド/ライズ/マリーチェは、40代、50代からの髪質を本気で考える美容室です。

menu

美容室プレスト/コモド/ライズ/マリーチェは、40代、50代からの髪質を本気で考える美容室です。

close

  • お客様の声
  • カラー会員
  • オゾンパーマ
  • 良草カラー
  • 技術スタッフ
  • スタッフの声
  • 詳しくは各店舗にお問い合わせください。
  • 店舗一覧
  • 埼玉県
  • 東京都
  • 福岡県
  • 岩手県
  • 沖縄

美容室プレスト/コモド/ライズ/マリーチェは、40代、50代からの髪質を本気で考える美容室です。

  • レボル直営サロン 11店舗
  • プレスト
  • コモド
  • ライズ
  • マリーチェ
  • 詳しくは各店舗にお問い合わせください。

Feature

特集

ホームカラーで傷んでしまった方の対処法、サロンカラーとの違い

川口市にあります美容室プレストアシスタントの田中です。

 

皆さんは、ホームカラーの恐ろしさを知っていますか?

ホームカラーは、ドラッグストアで手軽に購入することが出来自宅で染毛をすることが出来ることから若い女性を中心に使用されています。ですが、そのホームカラー剤の中にはダメージ毛にしてしまう染料が多く入っています。

ホームカラーをして痛まない人はいないといっても過言ではないです。

毛髪は、キューティクルがなくなっていくと毛髪内部を守る機能が低下していくためダメージ毛になっていくのでキューティクルを補う必要があります。

まず、キューティクルとは簡単に説明させていただきますと髪の保護膜です。私たちの肌で言うと皮膚のような役割をしています。

皮膚、つまり保護膜が整っていれば、ダメージが髪の毛までとどかないので健康な髪が保てるのです。一方、保護膜がダメージを受けて剥がれてしまったり傷むとダメージヘアにつながります。キューティクルは魚のうろこのような形をしていてかみのしなやかさを保つものです。うろこ状になっているキューティクルは肉眼では分からないほど小さいです。

 

そこで、キューティクルのお手入れをするのに特性や弱点を知っておく必要があります。

キューティクルがダメージを受けたり剥がれると、そこから髪の栄養分である水分やタンパク質が漏れ出してしまいます。

 

次に、お手入れ方法です。まずは、絡まっていたりする髪の毛は綺麗にブラッシングしてください。その時、毛先からブラッシングしましょう。そのブラッシングをすることで髪の表面についてしまったホコリなどもとり除くことが出来ます。

髪を乾かしやすくするためにシャンプーやトリートメントはしっかりと流してください。

すすぎ残しなどは、べたつきにつながり乾きにくくなります。また、それがキューティクルもいためます。お風呂上りにオイルなどを少量つけしっかりと保湿した状態で髪を乾かすことが大切です。そうすれば徐々にキューティクルが復活してくると思うので、ホームカラーで傷んだ髪の対処に繋がります。

 

 

「ホームカラーとサロンカラーの違い」

まず、第一に言えるのがサロンカラーは安心安全です。ホームカラーは手軽ですがその後のケアがとても大変です。また、色持ちの悪さだったり、染まりむら 頭皮へのハイダメージだったりといったデメリットがサロンカラーとは違いとてもおおくそろっています。しかし、サロンカラーだとプロの美容師がするので染まりむらや痛みも最小限です。一番は満足度が違うと思います。このような違いがあります。

ですから、『お金がかかる』 『時間がかかる』 など思わず、安心安全にヘアカラーが出来るサロンカラーをオススメします。

頭皮を痛めると薄毛の原因になることを知っていましたか?

皆さんそうはなりたくないと思いますからもうホームカラーではなくサロンカラーをぜひお試しください!!!